介護保険報酬請求業務を介護保険請求ソフトで効率的に行おう

出来ること

介護を行う事業者が行うべきものに介護保険報酬請求業務が存在しています。
この介護保険報酬請求業務は介護保険事業者であれば必ずしなければならず、業務の負担にもなる面倒なものとも言えます。
そもそも介護保険の請求とは健康保険が関係してきます。
介護を受けるべき歳になった時、または受けた時は必ず費用が発生します。
この時介護サービスを受けた者は費用の1割を負担します。
残りの9割は健康保険の仕組みに従い、市町村が負担することになります。
この時事業者はかかった費用の1割しか受け取ることが出来ないため市町村に請求する必要があります。
これが介護保険報酬請求業務になるわけです。

介護保険報酬請求業務では様々な項目を記入し、報告する必要があります。
この業務は大きな負担になっており、この負担を解消するために介護保険請求ソフトの存在があります。
介護保険請求ソフトでは市町村に請求するための書類作りを全て自動的に行うことが出来ます。
利用するにはパッケージをインストールする必要があり、インストールさえ行えばインターネット経由で報告と請求まですることができます。
報告が完了すれば事業者には報告分の報酬が振り込まれ、効率的な請求業務が可能になります。
介護保険請求ソフトで可能なことは多く、請求額の算定や各種帳票の作成が出来ます。
国民健康保険中央会からも介護保険請求ソフトは提供されており、また各企業からのサードパーティ製のソフトも数多く存在しています。